畳の裏返し

畳の張替えは裏返しから始まる

畳の日焼けや、痛みが初期段階であれば、畳表を反対に引っ繰り返して畳床に貼り直すことで、綺麗にリフレッシュする事ができます。

畳の裏返しとは

新品の畳を使用して、3年も過すると、畳の表面が日に焼けたり、擦り切れてきたりします。
こんな時は畳の裏返しをお勧めします。

畳表は両面使うことができるため、畳表を反対に引っ繰り返して畳床に貼り直し、リフレッシュすることを「畳返し」といいます。

この裏返しは、一度裏返しにした畳は、裏返しはできません。
また、その他の注意点としては、5年以上経過し、裏面が枯れたようになっていたり、部分的な変色があった場合は、お勧めできません。

このサービスの対象エリア

  • 中部エリア
    • 愛知県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 大分県
    • 熊本県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

畳の裏返しの注意点

裏側のコンディションに注意
安価に床をリフレッシュできる「畳の裏返し」ですが、ひっくり返してみないと畳の状態がわかりません。
例えば、過去に飲み物をこぼしていたり、長年畳を利用している場合は裏側にまで汚れが侵食している場合があり、その時は裏返しできません。
裏返しに適した期間
新しい畳を使用してから2~3年後が畳の裏替えに適した時期といわれています。

お問い合わせはこちら

通常料金

3500円 (税込み)/ 1枚 出張費無料

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容

閉じる