お申し込みはコチラから

瓦のズレ補修・ヒビ修理

瓦の破損が雨漏りにつながる前に

瓦の隙間から水が浸入するのを防止しましょう

このサービスの対象エリア

  • 関東エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 奈良県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

お問い合わせはこちら

通常料金

10,000円~ (税込み) +出張費3000円

初回限定価格

通常 10,000円~ (税込み)

7,000円~ (税込み) 出張費無料
※5ヵ所まで 以降 +750円(税込み) / 1ヵ所

申し込む

瓦のこんな症状は要チェック

瓦屋根の住宅では時に不具合を見つけてしまうことがあります。
最も多い症状では雨染みや雨漏りです。

以前は綺麗だった壁のクロスでも、いつしか染みができていたり、天井にも濡れた跡を見つけることができた際には要チェックです。隠れた場所でも思わぬ症状が出てしまう可能性はあり、押入れやクローゼットなどの天井や壁面も細かく点検することが肝心です。

完全に雨漏りと判断できる症状も出てしまう可能性はあります。ポタポタと天井から雨水が落ちている場合は、瓦屋根に何らかの問題が出ていると判断できます。

一方で視覚的には判断できない症状もゼロではありません。以前は各室内の空気はクリーンな状態だったとしても、いつの間にかカビ臭さを感じてしまったり、以前よりも湿気が多いと感じることもあります。

一戸建て住宅の事例では2階の居室に発生してしまうことが多く、その理由は屋根から最も近い位置に存在していることです。2階の居室の空気に変化を感じたり、目視で分かる雨染みができたり、雨漏りの現象が起きている際には、そのまま放置していても勝手に止まることは無いと判断できるので、専門業者に問い合わせをしてみて解決することが基本です。

雨漏りの症状に限って言えば、壁の内部を通って雨水が入り込んでしまうという事例もあります。この場所から見つけることができる症状は床面の壁側付近です。フローリングの場合、腐食していたり、カビが生えてしまったり、カーペットの場合でも水分を含んでいる状態を確認できた際にも、同じように専門業者に調査を依頼することで改善できます。

瓦のトラブルの原因

瓦屋根の雨漏りの原因はいくつもあり、最も多い内容では老朽化をあげることができます。単に住宅が古くなってしまうと、どうしても劣化する部分が出てきてしまい、瓦屋根の場合は野地板の腐食や上に張られている防水シートに何らかの劣化が起きていることが原因になることが目立ちます。

瓦屋根は野地板の上に置いて、1枚ずつ固定する方法なので、元々が隙間が空いている部分があります。この点がスレート屋根などと大きく異なる施工内容になるのですが、1枚ずつを個別に固定する方法故に、地震被害などを受けた際には数ヵ所に浮きが出てくることも原因です。

地震は国内では特に頻発に起きてしまう自然現象なので、避けることは非常に困難です。軽度の地震であっても、何度も積み重なるうちに、次第に浮きが大きくなってしまうことも想像できます。

次に外的要因をあげることができます。例えば飛来物によって瓦が破損してしまったり、自然現象のように瓦の一部に亀裂が入ってしまうこともあります。外的要因についても避けることは難しい原因になるので、定期的な点検は欠かせません。瓦に浮きが出たり割れてしまったり、下地の防水シートに穴が開いてしまったり野地板が傷んでしまうことが、基本的な雨漏りの原因になります。

住宅に全く振動などが起きない状態でも、経年劣化によって浮きが生じるという可能性も十分にあるので、該当する原因はいくつも存在していることには理解が必要です。

瓦のトラブル、放っておくとどうなるの?

瓦屋根の住宅は、本州地域以南に多く採用されているものですが、耐久性が高く、断熱性にも優れていて、遮音性も十分というメリットを感じるものです。採用している住宅で、もしも瓦屋根にひびが出来てしまったり、割れてしまったり、浮きが出ている症状などを見つけた際には、できるだけ早期に解決することが基本です。

何も対処せずに放置してしまうと、後に雨漏りの原因につながります。雨漏りは少しの場合では、天井や壁などにシミが付く程度になりますが、この症状でも放置すると、後に雨漏りの範囲が広がる可能性も十分にあります。その結果、最初は天井や壁のシミだけだったものが、いつしか天井裏で使われている柱や梁など木材を腐食させてしまうことがあり、更に天井に雨水が溜まってしまうという現象も想像できます。このような現象が起きてしまうと。天井が抜け落ちてしまったり、照明器具が漏電したり、壁までを腐食させてしまうという最悪な現象も十分にあり得ます。

更に、もっと症状が進んでしまうと、床材だけではなく住宅の基礎部分にまで腐食が広がってしまい、瓦屋根の修理だけではなく家全体をリフォームしなければならない状態に陥ってしまう可能性も出てきます。

特に電設関連の配線や器具類などが設置されている場所では、危険が待っている場合が多いので、放置することは問題があります。住宅全体の耐久性を失ってしまうことになるので、できるだけ早急に対応することが基本です。

瓦の修理、DIYは可能か?

瓦屋根を点検した際に、もしもひび割れや浮きなどを見つけた際には、DIYで何とかしようと考える方も存在しています。小さなひび割れなどの場合は、シーリング材を利用すると、意外と簡単に雨漏りを防ぐことができます。

浮きが出ている箇所に対しても、きちんと元通りに設置しなおして、同じようにシーリングを施すと完璧です。
DIYで施工できるのはこの程度の範囲と考えることが一般的です。

症状によってはDIYでは困難な事例も沢山あります。
例えばひび割れている瓦の枚数が多いというケースや、浮きが出ている面積が広い場合では、DIYで修復することは困難と判断できるので、専門業者に依頼をすることが前提です。
例えば瓦屋根を点検した際に、見た目上は問題が無くても、室内側には雨染みのようなものが発生していたり、既に雨漏りを起こしていて、水が落ちるような現象が出ている際には、瓦屋根の素材だけではなく、その下の防水シートや野地板に問題があると判断することができるので、この内容でもDIYでは難しいと判断できます。

シートや野地板の交換や補修については、瓦を撤去する必要性があるので、DIYで施工することは現実的ではありません。瓦を撤去して再び葺き替えるだけでも相当な知識力と技術力が必要になるので、素人の方が施工するには後々に不安が残ります。アンテナを設置している屋根の場合は、固定している金具の部分が原因になる可能性もあり、この施工についてもDIYでは難しいと判断できます。

火災保険の適用について

瓦屋根がもしも破損してしまい、雨漏りのような現象が室内側で起きている場合や、雨漏りが発生していなくても、瓦をチェックするとひび割れや浮きなどが目立っている際には、基本的には専門業者に仕事依頼をします。
事前に見積りを請求することは必要になり、業者で修理費用が変わる可能性も十分にあるので、安く施工できる会社選びをすることは基本です。

しかし、費用があまりに高く悩み事になっている方のケースでは、事前に知識を得ておくと安心できるケースがあります。
例えば瓦屋根の場合は自然災害によって破損してしまうことが目立ちます。その中には風害というものがあります。

台風や強風によって瓦がひび割れてしまったり、浮きが出てしまう現象、地域次第では雪害で雪の重さによって破損してしまう現象、落雷を受けたことで割れてしまうような現象もゼロではありません。このような自然現象で被害を受けてしまった際には、火災保険が適用されることがあります。

確認方法は契約書を確認して、自然災害に対応している保険かどうかを判断することです。理解できない場合では、保険会社に相談することも良い方法です。

現在では火災保険の適用でリフォームすることを得意にしている業者が存在しているので、該当する被害を受けてしまった際には、このタイプの業者に任せると手続きを簡単に済ませることができ、実費をゼロ円にしてリフォーム可能です。
注意が必要な点は地震被害によるものです。地震も自然災害に該当していますが、火災保険に加えて別途地震保険に加入をしていることが必要なので、普通の保険だけでは適用されません。

瓦でお悩みがございましたらホームラボにご相談ください。

このサービスの対象エリア

  • 関東エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 奈良県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

お問い合わせはこちら

通常料金

10,000円~ (税込み) +出張費3000円

初回限定価格

通常 10,000円~ (税込み)

7,000円~ (税込み) 出張費無料
※5ヵ所まで 以降 +750円(税込み) / 1ヵ所

申し込む

 お問い合わせ

当サイトは建元様の保証が受けられなくなった戸建住宅(目安として築10年以上)が対象となりますので予めご了承ください。

住宅の種別
  • ※当サイトは戸建て住宅のみが対象になります。

お名前

フリガナ
電話番号
メールアドレス
住所

お問い合わせ内容
(お電話の繋がりやすいお時間などをご入力下さい)