雨漏りコーキング

コーキング材の寿命は5~10年

緩衝保護材・接着剤・隙間埋めの役割があります

コーキングとは

屋根工事において、コーキング材(またはシーリング材)は瓦などの屋根材同士が地震や強風により接触して欠損やひび割れが発生しないように使ったり、ひびの入ってしまった屋根材の隙間をするのに使います。
屋根材にひびやズレなどが生じますと、そこから雨水が浸入し雨漏りにつながる可能性があります。コーキングは屋根材のひびを接着したり、浮きや捲れを補修できる大変便利な道具です。

地震や大夫の後で全体的に屋根材がずれていたり、破損がある場合は履き替えが必要ですが、軽微なものでしたらコーキング材で十分対応できます。

ホームセンターでも売っていますが、使用用途や素材により適したコーキング材を選択しなければいけない点と、高所作業を伴いますので業者に依頼することをおすすめします。

このサービスの対象エリア

  • 東海エリア
    • 茨城県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 奈良県
    • 和歌山県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 中国エリア
    • 岡山県
    • 広島県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 大分県
    • 熊本県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

コーキングの寿命について

画像は外壁におけるコーキングの画像ですが、コーキング材の寿命は長くて10年と言われておりますが短いものでは5年ほどです。
コーキング材により差異があることと日常的に日光や風雨にさらされる箇所は劣化が早い傾向があります。

また、5年を経過するとひび割れや裂けなどの劣化が目立ってきます。そのまま放置しておくと雨水が浸入してきて、内部の建材へのダメージを与え、いずれ雨漏りにつながります。
深刻な事態を引き起こす前にコーキングのメンテナンスが大切だと言えます。

新築から10年が経過している住宅のコーキングは寿命を迎えようとしているかもしれません。
一度専門業者への依頼を検討しましょう。

コーキングメンテナンスの種類

打ち替え
古くなった既存のコーキングを除去し、新しいコーキング材を注入します。
この時の撤去作業(古いコーキングと下地材の撤去)が甘いと耐用年数が短くなりますので、しっかりと除去作業を行ってくれる業者さんに頼む必要があります。

具体的には「既存コーキングの除去の方法」を質問して「カッター・もしくはサンダーで除去」という答えが返ってくる業者さんです。
増し打ち
ひび割れがおきたコーキングを除去せずに、その上からコーキング材を注入します。
除去作業がない分安価になりますが、古いコーキング材が割れたり外れたりすると新しいコーキングまで割れたり外れる恐れがありますので、劣化がひどい箇所には対応できません。

お問い合わせはこちら

通常料金

15000円~ (税込み) +出張費3000円

初回限定価格

通常 15000円~ (税込み)

10000円 (税込み) 出張費無料
※3ヵ所まで

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容

閉じる