蛇口交換

急な水漏れの前に

蛇口の不調を感じたら交換のサインかもしれません

蛇口の寿命

蛇口とは水栓器具の一つで水道の出口についてる器具の名前です。一般的に水道の蛇口の耐用年数は約10年~15年と言われています。

10年以上使用している蛇口はさびやがたつきが目立つようになり、水漏れなどの不具合が起きやすくなります。特に使用頻度の高いキッチンや洗面台ですと、蛇口の緩みや劣化が早くなる傾向があります。

10年にも満たないのに水漏れが起きている場合は、パッキンの劣化が考えられますので、パッキンの交換で対応できる可能性が高いです。

「蛇口交換は自分でできますか?」とお問い合わせをいただくことがありますが、失敗すると水漏れにつながったり、購入したものが無駄になってしますこともありますので、蛇口の交換は費用が掛かりますが、業者に依頼したほうが確実で楽です。

このサービスの対象エリア

  • 東海エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 奈良県
    • 和歌山県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県
    • 熊本県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

蛇口の種類

蛇口が取り付けられる場所は、キッチン、浴室、トイレ、洗面所、洗濯場、屋外などがあげられます。
場所により取り付けられている箇所が「壁」か「台」に分かれます。

蛇口は大きく分けると「単水栓」と「混水栓」に分かれます。
蛇口の交換の際「単水栓」⇒「混水栓」または「混水栓」⇒「単水栓」に変更しようとすると別途工事が必要なので注意しましょう。

単水栓の種類

単水栓は「一つ口のもの」というわけでなく「水、またはお湯のみが出る蛇口」のことです。形状としてはシンプルなものが多いです。
単水栓で代表的なものをご紹介いたします。

① 横水栓
またの名を万能水栓とも言います。
最も見慣れたオーソドックスな形の蛇口で、屋外でも見かけるタイプです。
蛇口といえばこのような形を想像する方も多いのではないでしょうか?

② 自在水栓
横水栓の長くなったバージョンが自在水栓です。
画像は縦型ですが横型もあります。
飲食店のシンクやキッチンなど広い範囲で使うことが多いです。

③ 洗濯場用水栓
洗濯場に取り付けられる水栓で、通常の横水栓に比べ小スペースです。
ホースが固定できる形状の物や緊急止水弁がついたものがあります。

④ 散水栓
地面に埋まっているタイプで車庫や庭などにあります。

混合水栓の種類

混合水栓は水とお湯が同時に出せるタイプの蛇口です。
最近はキッチンやお風呂場などは大体混水栓です。
水を同時に出して温度調節したりできます。

① ツーバルブ混合水栓
お湯と水を同時に流して温度調整するタイプの水栓です。
どちらかというと少し前に流通したタイプですが、今でも現役です。
お風呂や洗面所に多いです。

② シングルレバー混合水栓
現在はツーバルブよりレバー一つで水流・温度を調節できるタイプのシングルレバー混水栓が主流です。
キッチンや浴室等幅広く使われています。

③ サーモスタット混水栓
浴室で圧倒的に多いのがこのサーモスタット混水栓です。
温度の上限を制限するサーモスタットが中に組み込まれており温度をほぼ一定に保つことが出来ます。
温度調整と吐水のハンドルがついているのが一般的です。

④ 引き出しホース付きシングル混合栓
基本的にはシングルレバー混合水栓と一緒ですが、吐水の形態を変えれるものも多く、最大の特徴は吐水口がシャワーヘッドのように取れることです。

これによりキッチンや洗面台の隅々まで流すことが出来ます。

こんな時はご相談ください!

「蛇口を占めたのにポタポタと水が垂れている」「水漏れの場所が特定できない」「DIYでは難しそうだ」等ありましたら是非ホームラボにご相談ください!

お問い合わせはこちら

通常料金

5000円~ (税込み) +出張費3000円

※別途材料費 ※混合栓は10000円~

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

フリガナ
電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容
(お電話の繋がりやすいお時間などをご入力下さい)

閉じる