お申し込みはコチラから

古屋解体・撤去

もう使わない小屋や倉庫

撤去してスペースを作りませんか? 補助金がでるケースもあります

このサービスの対象エリア

  • 関東エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 奈良県
    • 和歌山県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

お問い合わせはこちら

通常料金

現地調査・お見積り無料 (税込み) +出張費3000円

初回限定価格

通常 現地調査・お見積り無料 (税込み)

現地調査・お見積り無料 (税込み) 出張費無料

申し込む

古屋解体に必要なもの

規模にもよりますが、倉庫を解体する事自体はDIYでもできないことはありませんが、事前準備から撤去作業までを含めるとかなりの労力がかかります。

■必要なもの
・ヘルメット
・ゴーグル
・安全靴
・粉塵防止マスク
・作業着
・軍手
・レール、バールなどの工具

■注意点
・高所作業を伴う場合は危険を伴います。高所は業者に依頼しましょう。
・解体作業では粉塵やコンクリートのかけらが飛び散る可能性もあります。必ず上記の準備・着用をしてください。
・延べ床面積が80㎡以上で特定建築資材を用いた建物を解体するときは、建設リサイクル法により届け出が必要と定められています。提出の流れや書類などは自治体ごとに異なりますので、管轄の自治体に問い合わせましょう。
・アスベスト含有建材が使用されているかどうかを確認しておく必要があります。
アスベスト含有建材が使用されている場合、原則としてその取り扱いは専門家でなければできないと思っておきましょう。
・騒音や振動が発生しますので近隣にご挨拶をしましょう。

等、の準備・注意点を踏まえ、さらに各廃棄物を適切に処理しなくてはいけません。
小屋解体は是非ホームラボへ無料見積のご相談をお申し付けください。

解体工事費用の相場とは

解体工事の相場は、解体工事にかかわる複雑な計算をわかりやすくするために「坪単価〇〇円」という書き方をしているところがありますが、最終的には現地調査をしてみないとわかりません。

価格が変動するポイントとしては
□撤去するものの大きさと材質
□基礎の撤去など、付帯工事の有無
□重機か手壊しかなど、解体方法
□隣接する建物との距離や敷地内駐車スペースの有無など
□不用品処分の有無
□工期や作業員の人数
等があります。

「思っていたより費用を請求された」等のトラブルにならない様、必ず事前の見積もりを依頼しましょう。

解体補助金制度について

「小屋の老朽化」解体費用は抑えたいものです。
自治体によっては補助金・助成金制度があります。

内容や申し込み方法はお住まいの自治体によって変わってきますので、管轄の自治体に確認してみましょう。

このサービスの対象エリア

  • 関東エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 奈良県
    • 和歌山県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

お問い合わせはこちら

通常料金

現地調査・お見積り無料 (税込み) +出張費3000円

初回限定価格

通常 現地調査・お見積り無料 (税込み)

現地調査・お見積り無料 (税込み) 出張費無料

申し込む

 お問い合わせ

建元様の保証が受けられなくなった住宅(目安として築10年以上)が対象となりますので予めご了承ください。

住宅の種別
お名前

フリガナ
電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容
(お電話の繋がりやすいお時間などをご入力下さい)