水道管凍結対策

寒い日に水が出ない!

凍結を放っておくと水道管の破裂を招きます。

困った凍結の対策方法

寒い地域や、特に冷え込みが強い日ですと、「朝、蛇口を開いても水が出ない!」ということがあります。

これは水道のパイプの中の水が凍ることにより水が出ないのです。
一時的な解決方法としては、温度差が急激にならないようにタオルなどを当てながらぬるま湯・カイロで温めるといいでしょう。

凍結が起こる箇所としては屋内よりも建物の外にある風当たりが強い北側にある水道管や、屋上の貯水タンク回り、水道メーターなどが多いです。

このサービスの対象エリア

  • 近畿エリア
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 大分県
    • 熊本県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

慢性的な場合は注意が必要

水は氷ると堆積が膨張します。
ペットボトルを凍らすとパンパンに膨らみますが、これと同じことが水道管や水栓器具に起こるのです。

さらに、パイプの種類(鉄管、鋼管、銅管)水道管の温度が下がった場合柔軟性が失われ膨張に耐え切れず破裂してしまう場合があります。

放っておくとどうなるの?

凍結が起きた場合、水が出ません。
加えてパッキンなどのパーツの破損のリスクと、水道管破損のリスクがあります。

水道破損が起きた場合、水道費・修繕費がかさむことはもちろん、破損した箇所によっては外壁や住宅の基礎の劣化を招きます。

凍結が何度か起こったご家庭は事前の対策が必要です。

凍結予防と対策の種類

水を出しておく
水を常に出しておくと、水道が凍結しにくくなります。
事前に夜間の温度が特にひどい日がわかれば浴室等、寝室から遠い場所の水を出しっぱなしにしておくと凍結を予防することが出来ます。
水道管をこまめに拭く
水道管の水滴をこまめに拭くことで排水管の温度の低下を軽減させることが出来ます。
タオルや保温テープを巻く
排水管を直接外気に触れさせないことで凍結を防ぐ方法です。
建物外の配管などに有効性が高いです。
凍結防止ヒーターを設置する
現在は安価なものも出回っており、一定の温度で通電開始し水道を温めるセンサー付きの物も手軽に入手できます。

色々ある予防法!ご相談はホームラボへ!

ご紹介してきた予防法はいかがでしたでしょうか?
もし「どれが適切かわからない」や「どこに設置したらいいかわからない」という方がいらっしゃいましたらホームラボへご相談ください!
プロが親身に解決いたします!

お問い合わせはこちら

通常料金

4000円~ (税込み)/ 1ヵ所 +出張費3000円

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容

閉じる