浴槽設置・入れ替え

困った浴槽のトラブル

浴室の割れ、交換ならホームラボにご相談ください

このサービスの対象エリア

  • 関東エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 奈良県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

お問い合わせはこちら

通常料金

180,000円~ (税込み) +出張費3000円

浴槽を交換する時のポイント

日本人にとって浴槽は、リラックスタイムに欠かせない設備です。
そのため新築やリフォームの際は浴槽にこだわりたい方も多いのではないでしょうか。

現在日本で多く普及しているのは和洋折衷タイプです。深さは方近くまであり広さはメーカーによって様々なので、価格と豊富なデザインから選択することが出来ます。
和式は深さがあり、ご高齢の方には少し危険かもしれませんし、洋式は幅が広いですが浅めに作られているうえ滑りやすい素材の物が多いので、強いこだわりがない場合は和洋折衷型をおすすめします。

浴槽を交換するのはどんな時?

原因は経年劣化や何かをぶつけたりと理由は様々ですが、浴槽の耐用年数は約10年~20年ほどです。

浴槽が割れてしまったりすると一刻も早く治したいものですが、浴槽が割れてしまった場合は取り換えがほとんどです。

その際知っておかなくてはいけないことは、浴槽の工法のタイプです。
工法が変わると別途工事費が必要になる場合が多いのでご自宅の工法を加味したうえで検討するようにしましょう。

浴槽の在来工法は大きく分けて3つに分けて「据え置き型」「埋め込み型」「半埋め込み型」があります。
日本では半埋め込み型が多く見られます。
以下に特徴を記しますので参考にしてみてください。

□据え置き型
床面の上に浴槽を置く工法で、交換が最も手軽です。和風・洋風に多く見られ、交換の手軽さも相まっておしゃれなデザインのものも多いです。
デザインによっては床と浴槽の間の掃除の手間がかかることがあるのでしっかり検討しましょう。

□埋め込み型
浴槽を床面とほぼ同じ高さに埋め込む工法で、浴室が広々と感じれます。
デメリットとしては、洗い場とのスペースをしっかりとらないとシャンプー等の飛沫が湯舟に入る可能性があることと、床と浴槽に段差ができますので、お子様や高齢者の方には注意が必要となります。

□反埋め込み型(画像のもの)
浴槽の半分~3分の1程を床に埋めこむ工法です。据え置きよりも出入りしやすいことが特徴です。

浴槽交換は家族のことを考えて

各メーカーから色々なデザインが出回っていますが、おしゃれでも不便ですとせっかくのバスタイムにリラックスできなくなります。
例えば小さなお子様がいらっしゃる場合でしばらく一緒に入るのであれば大きめがいいでしょうし、高齢者の方がいるなら出入りしやすいほうがいいです。
お客様のご希望を是非ホームラボにご相談ください。

このサービスの対象エリア

  • 関東エリア
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 中部エリア
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
  • 近畿エリア
    • 三重県
    • 奈良県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
  • 九州エリア
    • 福岡県
    • 大分県

市区町村によっては、提携企業様がお伺いできない場合がございます。
その際は大変申し訳ございませんが、ご依頼をお断りさせていただいております。

お問い合わせはこちら

通常料金

180,000円~ (税込み) +出張費3000円

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

フリガナ
電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容
(お電話の繋がりやすいお時間などをご入力下さい)

建元様の保証が受けられなくなった築10年以上の住宅が対象となりますので予めご了承ください。

閉じる