「屋根・雨どい」での検索結果

屋根・雨どい

  • 耳にしたことがある方もいらっしゃるとは思いますが、『害虫』や『害獣』とは普段目にすることのある虫や動物とは、どんな違いがあると思いますか? 私たち人間が生活する環境において、有害な作用をもたらす虫や動物のことを『害虫』『害獣』と呼びます。 害獣の中には動物園でも見ることの出来るアライグマやイタチなども含まれており、見た目のかわいさから住宅地で見掛けたとしても、害を及ぼす動物と認識する人は少ないことでしょう。 他にもハクビシン・ネズミ・コウモリなどが挙げられます。 しかしそのかわいらしい見た目とは裏腹に、私たちの生活空間に侵入し様々な害を及ぼすのです。 その被害を最小限に抑えるためにも、駆除などの対策が必要となってきます。

    5,000円(税込み)

    屋根裏害虫害獣点検の詳細を見る

  • 基本的にアンテナは屋根にワイヤーなどで固定されているもので、簡単に倒れることはありません。 しかし近年、非常に強力な台風が増加しており、屋根に建てた地デジアンテナが倒れてしまうケースが多くありました。 また、倒壊したアンテナの中にはアンテナ本体とアンテナの土台となるマスト、屋根馬、ワイヤーの経年劣化が原因というものもありました。 アンテナが倒れてしまうと、アンテナ周囲の瓦や外壁が破損することもある為、もし、使用されていないアンテナがございましたら、早めの撤去をお勧めしております。

    17,500円(税込み)/ 1ヵ所

    テレビアンテナ調整・撤去の詳細を見る

  • 多くの家に取り付けられている雨どいですが、「雨どいが付いている理由は分からないし、無いとどうなるのかも考えたことはない」という方が多いのではないでしょうか。実は雨どいは大切な家を守るためには必要不可欠なもので、なければ家の寿命が早まる危険性があります。 雨どいは、屋根に降り注がれる雨水を一つの場所に集めることで、管を通して排水設備へと流していく機能を持っています。この機能により、屋根から流れてきた雨水から、建物の外壁や土台などを守る役目を果たします。 もしも雨どいがなければ、雨水を1か所に集められなくなり、屋根から家の周囲に水たまりや溝を作り、人が歩いたり雨水が降り注いだりして、家の外壁を水でびしょびしょにする可能性もあります。 また雨水が屋根を伝ってそのまま外壁に流れることもあり、外壁にひび割れなどで傷んでいる場合には、雨水が家の内部へ向かって浸食してきます。 排水機能が不十分となり、雨のたびに家の周りに水たまりができ続けると、周りが湿気てきます。特に雨のよく降る梅雨のシーズンになると、水たまりが常にできている状態となり、湿気により外壁にカビやコケなどが生えやすくなります。そうすると建物の外観が汚くなるだけでなく、腐食した木材を好むシロアリが発生する可能性も出てきます。他にも水漏れという問題が出る可能性もあります。 雨どいには、自分たちの家を守り、長く住み続けられるようにしてくれる役割を持っているのです。

    7,000円(税込み)

    雨どい洗浄の詳細を見る

  • 38,000円~(税込み)/ 1台

    地デジアンテナ取り付けの詳細を見る

  • 雨どいが破損すると雨水の排水が健全に行われなくなります。 溢れた水は故障個所から思わぬ場所へ排水され続けることになり、屋根・外壁・土壌にダメージを与えます。 「たかが雨どい」と軽んじず、早急に対処しましょう。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    雨どい修理の詳細を見る

  • 劣化の段階で塗装で対応できるかどうかが分かれます。 塗装の剥がれや、カビ、コケ等であれば塗装で対応できますが、 完全に穴が開いてしまっては履き替えや重ね履きをする必要があります。 早めの対処が費用を抑えることにつながりますので、5年毎の定期的な塗り替えをおすすめしています。

    5,000円~(税込み)

    トタン屋根の部分塗装の詳細を見る

  • 瓦屋根の住宅では時に不具合を見つけてしまうことがあります。 最も多い症状では雨染みや雨漏りです。 以前は綺麗だった壁のクロスでも、いつしか染みができていたり、天井にも濡れた跡を見つけることができた際には要チェックです。隠れた場所でも思わぬ症状が出てしまう可能性はあり、押入れやクローゼットなどの天井や壁面も細かく点検することが肝心です。 完全に雨漏りと判断できる症状も出てしまう可能性はあります。ポタポタと天井から雨水が落ちている場合は、瓦屋根に何らかの問題が出ていると判断できます。 一方で視覚的には判断できない症状もゼロではありません。以前は各室内の空気はクリーンな状態だったとしても、いつの間にかカビ臭さを感じてしまったり、以前よりも湿気が多いと感じることもあります。 一戸建て住宅の事例では2階の居室に発生してしまうことが多く、その理由は屋根から最も近い位置に存在していることです。2階の居室の空気に変化を感じたり、目視で分かる雨染みができたり、雨漏りの現象が起きている際には、そのまま放置していても勝手に止まることは無いと判断できるので、専門業者に問い合わせをしてみて解決することが基本です。 雨漏りの症状に限って言えば、壁の内部を通って雨水が入り込んでしまうという事例もあります。この場所から見つけることができる症状は床面の壁側付近です。フローリングの場合、腐食していたり、カビが生えてしまったり、カーペットの場合でも水分を含んでいる状態を確認できた際にも、同じように専門業者に調査を依頼することで改善できます。

    7,000円~(税込み)

    瓦のズレ補修・ヒビ修理の詳細を見る

  • 屋根の塗装の主な役割は、外観だけでなく屋根材の保護を通じて雨漏りを防ぎます。 また塗料の中には遮熱・断熱効果が期待っできるものもあり、それらを使えば室内の温度の上昇を緩和できますので電気代の節約効果も期待できます。 耐久性に優れた日本瓦は釉薬が水の浸透を防ぐので塗装は必要ありません。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    屋根塗装の詳細を見る

  • スレート屋根のチェックすることはいくつもあり、どれか一つでも症状があった場合は業者に診断してもらうことが重要です。そうすることで初期症状のうちに対処することが可能になり、比較的ダメージを少なくすることができます。まず注意したいものが色あせであり、これは塗装が落ちてきているので防水効果が落ちてきています。このような場合は早めに相談することで、防水効果をだけでなく見た目も良くすることが可能です。また苔などが生えることも塗装が弱くなっているサインなので、見逃さないようにしましょう。 1、塗装の剥がれ スレート屋根は塗装の防水性が薄れてくると、雨が降ったときに水を吸収してしまいます。そうすると膨張収縮を繰り返し、ヒビが入ることがあるのでそれを見た場合はすぐにでも対処することが大事です。 2、ひび割れ・欠け ひび割れを放置しているとスレート屋根が欠けることがあるので、その場合も早急にメンテナンスが必要です。 3、浮き スレート屋根に多く見られることに、浮きや反りといったものがあります。隙間から雨が侵入するので、こちらも気を付けなければいけません。スレート屋根には棟板金という金属板があり、これは釘で打ち付けられています。長い間放置しているとこの釘が抜け落ちることがあるので、それもチェックしておくことが大切です。 また最終的には屋内に雨漏りをすることがあり、ここまでくると確実に気づくことになります。色々な部分が悪くなるので、何よりも優先して対処することが大事です。

    7,000円~(税込み)

    スレート屋根のズレ補修・ヒビ修理の詳細を見る

  • 屋根は暮らしの品質を左右する最重要な要素の一つです。 屋根材により雨音等の騒音や太陽光による室内の温度の抑制が違い、適切な屋根材を選ぶことで快適な空間を提供してくれます。 また耐久性やメンテナンスの必要性やスパンも変わりますので、プロに一度ご相談ください。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    瓦の葺き替えの詳細を見る

  • 屋根工事において、コーキング材(またはシーリング材)は瓦などの屋根材同士が地震や強風により接触して欠損やひび割れが発生しないように使ったり、ひびの入ってしまった屋根材の隙間をするのに使います。 屋根材にひびやズレなどが生じますと、そこから雨水が浸入し雨漏りにつながる可能性があります。コーキングは屋根材のひびを接着したり、浮きや捲れを補修できる大変便利な道具です。 地震や大夫の後で全体的に屋根材がずれていたり、破損がある場合は履き替えが必要ですが、軽微なものでしたらコーキング材で十分対応できます。 ホームセンターでも売っていますが、使用用途や素材により適したコーキング材を選択しなければいけない点と、高所作業を伴いますので業者に依頼することをおすすめします。

    10,000円(税込み)

    雨漏りコーキングの詳細を見る

  • 雨漏りの修繕はリフォームの中でも費用が高い部類ですので、「天井からポタポタと雨音がする」や「天井やカビにシミがある」など怪しい点があっても観てみないふりをする方も... ですが雨漏りの修繕の最安値は「常に今」なのです。 問題を先送りにすればするほど、屋根材や害虫・カビ等合併症的に問題が発症するリスクが高まります。

    5,000円(税込み)

    雨漏り点検の詳細を見る

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

フリガナ
電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容
(お電話の繋がりやすいお時間などをご入力下さい)

建元様の保証が受けられなくなった築10年以上の住宅が対象となりますので予めご了承ください。

閉じる