「修理・塗装」での検索結果

修理・塗装

  • 劣化の段階で塗装で対応できるかどうかが分かれます。 塗装の剥がれや、カビ、コケ等であれば塗装で対応できますが、 完全に穴が開いてしまっては履き替えや重ね履きをする必要があります。 早めの対処が費用を抑えることにつながりますので、5年毎の定期的な塗り替えをおすすめしています。

    5000円~(税込み)

    トタン屋根の部分塗装の詳細を見る

  • 雨どいが破損すると雨水の排水が健全に行われなくなります。 溢れた水は故障個所から思わぬ場所へ排水され続けることになり、屋根・外壁・土壌にダメージを与えます。 「たかが雨どい」と軽んじず、早急に対処しましょう。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    雨どい修理の詳細を見る

  • 屋根の上の高所作業はとても危険です。 また瓦の上を間違えた歩き方で踏んでしまうと瓦のずれの原因にもなってしまいますので専門業者に依頼しましょう。 特に台風や地震の後は点検することが望ましいです。

    7000円~(税込み)

    瓦のヒビ割れ・ズレ補修・修理の詳細を見る

  • 屋根の塗装の主な役割は、外観だけでなく屋根材の保護を通じて雨漏りを防ぎます。 また塗料の中には遮熱・断熱効果が期待っできるものもあり、それらを使えば室内の温度の上昇を緩和できますので電気代の節約効果も期待できます。 耐久性に優れた日本瓦は釉薬が水の浸透を防ぐので塗装は必要ありません。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    屋根塗装の詳細を見る

  • スレート屋根のチェックすることはいくつもあり、どれか一つでも症状があった場合は業者に診断してもらうことが重要です。そうすることで初期症状のうちに対処することが可能になり、比較的ダメージを少なくすることができます。まず注意したいものが色あせであり、これは塗装が落ちてきているので防水効果が落ちてきています。このような場合は早めに相談することで、防水効果をだけでなく見た目も良くすることが可能です。また苔などが生えることも塗装が弱くなっているサインなので、見逃さないようにしましょう。 1、塗装の剥がれ スレート屋根は塗装の防水性が薄れてくると、雨が降ったときに水を吸収してしまいます。そうすると膨張収縮を繰り返し、ヒビが入ることがあるのでそれを見た場合はすぐにでも対処することが大事です。 2、ひび割れ・欠け ひび割れを放置しているとスレート屋根が欠けることがあるので、その場合も早急にメンテナンスが必要です。 3、浮き スレート屋根に多く見られることに、浮きや反りといったものがあります。隙間から雨が侵入するので、こちらも気を付けなければいけません。スレート屋根には棟板金という金属板があり、これは釘で打ち付けられています。長い間放置しているとこの釘が抜け落ちることがあるので、それもチェックしておくことが大切です。 また最終的には屋内に雨漏りをすることがあり、ここまでくると確実に気づくことになります。色々な部分が悪くなるので、何よりも優先して対処することが大事です。

    7000円~(税込み)

    スレート屋根のヒビ割れ・ズレ補修・修理の詳細を見る

  • 屋根は暮らしの品質を左右する最重要な要素の一つです。 屋根材により雨音等の騒音や太陽光による室内の温度の抑制が違い、適切な屋根材を選ぶことで快適な空間を提供してくれます。 また耐久性やメンテナンスの必要性やスパンも変わりますので、プロに一度ご相談ください。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    瓦の履き替えの詳細を見る

  • 屋根工事において、コーキング材(またはシーリング材)は瓦などの屋根材同士が地震や強風により接触して欠損やひび割れが発生しないように使ったり、ひびの入ってしまった屋根材の隙間をするのに使います。 屋根材にひびやズレなどが生じますと、そこから雨水が浸入し雨漏りにつながる可能性があります。コーキングは屋根材のひびを接着したり、浮きや捲れを補修できる大変便利な道具です。 地震や大夫の後で全体的に屋根材がずれていたり、破損がある場合は履き替えが必要ですが、軽微なものでしたらコーキング材で十分対応できます。 ホームセンターでも売っていますが、使用用途や素材により適したコーキング材を選択しなければいけない点と、高所作業を伴いますので業者に依頼することをおすすめします。

    10000円(税込み)

    雨漏りコーキングの詳細を見る

  • 排水桝が破損した場合、生活排水が土中にしみ出て嫌な臭いが周りに広まります。 また、排水桝内に土が入り込み排水をせき止められると、住宅内の排水に支障をきたします。

    5000円(税込み)/ 5ヵ所まで

    排水枡内側補修・修理の詳細を見る

  • カーポートの破損理由で多いものは、台風や強風による屋根の剥がれや、石や枝によって生じた屋根の割れ等です。他には、想定以上の積雪や雹などによって屋根が割れたり、2階からうっかりモノを落としてしまうケースもあります。 その他、設置後10年程たつと紫外線のダメージが蓄積し、色あせや割れが生じるようになります。 カーポートが破損すると、紫外線や雨で愛車の塗装がダメージを受けたり、雹や飛来物が直接車に当たるので傷がつくリスクが上がります。 塗料の進化で昔よりも劣化の目立つ車は減りましたが、進行が遅くなっただけでダメージは蓄積していきます。 また、雨によりすぐにダメージが目につかなくてもドアやジェンダーといった水が浸入し溜まるところに水が入るのは好ましくなく、年月を経て袋状の部分が腐食するケースもありますので、駐車しているときは雨を避けるほうがいいのです。

    現地調査・お見積り無料(税込み)

    カーポート修理の詳細を見る

  • 寒い地域や、特に冷え込みが強い日ですと、「朝、蛇口を開いても水が出ない!」ということがあります。 これは水道のパイプの中の水が凍ることにより水が出ないのです。 一時的な解決方法としては、温度差が急激にならないようにタオルなどを当てながらぬるま湯・カイロで温めるといいでしょう。 凍結が起こる箇所としては屋内よりも建物の外にある風当たりが強い北側にある水道管や、屋上の貯水タンク回り、水道メーターなどが多いです。

    4000円~(税込み)/ 1ヵ所

    水道管凍結対策の詳細を見る

  • タイルの傷は小さなものでも早めの対処をおすすめします。 放置しておくと水が浸入し壁材や床材の腐食やシロアリ被害に発展する危険性があります。 タイルのひび割れの他にも、床と浴槽の隙間も壁や床の下地を痛める危険性があり、柱・床下といった基礎部分への悪影響が考えられます。 タイルの補修は迅速にすることが費用を抑えるポイントです。

    18000円~(税込み)

    浴室タイル割れ補修の詳細を見る

 お問い合わせはコチラ
住宅の種別
お名前

電話番号
メールアドレス
住所


お問い合わせ内容

閉じる